上尾伊奈斎場つつじ苑(あげおいなさいじょうつつじえん)は埼玉県の上尾市でご利用しやすい葬儀場です

上尾伊奈斎場つつじ苑TOP ≫ 儒教

葬儀の様式 儒教

儒教について

儒教においては親の葬儀を盛大に営む事が何より大切な事とされる。元々儒教教団はそう言った葬儀に関する様々なしきたりを教授するための人から生まれたものである。
儒教の死生観では人は死ぬと魂(こん)と魄(はく)と言う二つのたましいに別れる。魂は精神を、魄は肉体をつかさどるたましいであるとされる。魂は天の陽気からのたましいであり魄は地の陰気からのたましいである。魂は天に昇って神になり、魄は地に返る。残された者たちは魂を祀る為に位牌を作って廟に祀り、魄の戻る場所として地中に遺体を埋める。
葬儀では死者の魂を天国や地獄など7つの世界を巡らせる儀式を行う。この儀式で死者の魂が最後に到達する世界はこの世であり、再びこの世に生まれ変わってきて欲しいとの願いを込めている。また、紙幣(通貨として使用できない葬儀用の模造品を使う)を燃して死者の魂を慰める。
朝鮮半島における儒教では葬儀の時に死者を慕って大げさに泣く事が求められ、葬儀に出席して泣く事でお金を貰う泣き女が存在する。

(2009年4月12日 (日) 05:56 UTC)「ウィキペディア日本語版」より

ご葬儀緊急ダイヤル:0120-948-812